超未熟児だったpapillonのミルク🐕

産まれた時は手のひらの半分程しかなかった超未熟児だった。

通常、小型犬は2~3匹ほどしか産まないのだそう。

しかし、ウチの子のお腹の中に5匹も入ってた。

家での出産。

最初の2匹は頭のてっぺんが割れていて、既に亡くなっていた。

3匹目、ほとんど動かない・・・ それに鳴かない・・・

病院に電話し指示通りにしたけれど結局助からなかった。

後の2匹は、小さいながらも一生懸命動いてる。

何とかこの子達だけは助けたい

だけど、おっぱいを吸う力がとても弱い。

とてもじゃないけどイヴ(母犬)には育てられないと思い

私が母犬代わりに。

2時間置きのミルク。ミルクの後、コットンでトントンして💩やシッコを

出してあげる。

だけど5日目の夜、1匹は天国に行ってしまった。

最後、1匹になってしまった。

この子だけは何がなんでも・・・

毎日が必死だった。

半月が経った頃から元気に動く様になって

1か月経った頃に目が開きヨチヨチ歩きも

できる様になってすくすくと元気に育ってくれた。

だけど、超未熟児だったからついつい甘やかして

病院では「ミルクちゃん、ちょっとダイエットしないとね」

と言われる程にまで無事に育ってくれた。

姿かたちは違うけれど我が家の長男。

早いなぁ。あれからもう16年も経ったんだぁ

ほとんど目も見えなくなったけど

まだまだ長生きしてね。

f:id:papillon-mainecoon:20170915022930j:plain

f:id:papillon-mainecoon:20170915022955j:plain

 

 

 

Mainecoonリリ🐈との出会い

 

ウチには既に2匹のワンコが居た。

犬や猫、飼う気なんてなかった。

ただ、ワンコのおやつを買いにペットショップに行っただけだったのに・・・

 

子犬、子猫をいつもの通り「かわいい🎵かわいすぎる!」と一人で

ブツブツ言いながら観賞。

子犬、子猫を見るといつも思う。

この尋常でない可愛さ

背中に単三電池でも入ってるんじゃないかと

 

 

そして

何か視線を感じる・・・ 

 

じっとこちらを見ているひと際輝きを放つブルーの瞳の子猫。

既に私は釘付け状態。

ひと際輝きを放つブルーの瞳の子猫に一目ぼれしてしまった私。

このジャガイモの様な名前の種類の猫を知らなかった。

でも、連れて帰りたいと思い店員さんにMainecoonとはどんな猫なのかを聞いた。

店員さんは猫図鑑の様なものを見せてくれた。

そこには「穏やかな巨人」と書いてある。

「穏やかな巨人」って・・・ もっと他に言い方なかったのかと

思いながらも店員さんの話を聞いた。

 

今の時点で他の子猫と大差ない。

穏やかな巨人であっても「連れて帰りたい」との思いは変わらない。

 

そして・・・

 

我が家の一員となった。

元気いっぱいな女の子。

ドキンちゃん」と名付けたかったが

娘は、そんな名前は嫌だと言い強引にリリと名付けられてしまった。

 

あれから9年

ひと際輝くブルーの瞳はゴールドに変わってしまったが

「穏やかな巨人」は今日も元気だ。

 f:id:papillon-mainecoon:20170914094921j:plain

f:id:papillon-mainecoon:20170914095122j:plain

 

 

 

最愛のMichael Jackson

生存していたなら今日8月29日で59歳のはずだった・・・。

 

他界してもう8年。

 

Michael Jacksonの曲と出会ったのは私が10歳の頃。

テレビだったかラジオだったか覚えていないけれど

そこから流れた「Thriller」。

もちろん歌詞は全く分からなかった。

でも、一気にそのメロディに引き込まれ

誕生日プレゼントで買ってもらった

「Thriller」のLPレコード。

今も大切な宝物。

 

 

2009年6月25日

Michael Jackson死亡のニュース。

信じられない。というより

信じたくない。

誤報であってほしいと何度も願ったけれど・・・

 

真実だった。

 

泣き続ける毎日。

無気力状態が続いていた。

 

他界してから4か月ほど経って

「This IS  IT」の公開。

何度も何度も観に行くけれど

Michaelがスクリーンに映った瞬間から

もう涙が止まらない。

 

今も、これから先も変わらない

最愛の人 Michael Jackson

 

 

 

アコースティックギター

ギターを買って一週間が経った。

とても親切だった楽器店のお兄さん。

いろんなギターの音を聞かせてくれた。

 

お兄さん、ごめん違いが分からない・・・

 

と思いながらお兄さんが言ってた

「とにかくギターは気に入ったものがいい」と。

お店に入った瞬間 一目ぼれしたギターがあった。

それに決めた!

ギター+チューニング+忘れてはならない ギター入門を購入。

家に帰って早速、弾けもしないギターを抱えギター入門を見た。

 

楽器店のお兄さんの言葉が過る。

「この入門の本、丁寧に書いてますが全然面白くないですよ~。

僕は好きな曲の弾き語りの楽譜買ってやりました」って。

 

せっかく購入したので見たけど・・・

 

結局 YouTube で

Cコード Gコード Dコードを練習中。

 

指が開かない、動かない、指先ジンジン 挙句の果てに指がつる。

 

DVDで大好きなアーティストが ジャカジャカ弾いている。

人とは思えない指の動き、指の開き。

 

練習に練習を重ねて

大好きな曲、絶対弾いてやる。

頑張るぞ!

 

 

 

聞き違い

先日テレビを見ていた時の事

5~6人のダンスボーカルユニットが出ていてグループ名は

知らないが よくテレビに出ている。

娘に「何ていうグループ?」と聞くと

「あぁ~ ジェイソン・ブラザーズ」と言った。

ジェイソン・ブラザーズ って・・・

ジェイソンだけでも怖いのに

しかも兄弟!!よけい怖いわ!

と思いながらも「へぇ~」っと言って

その場は終わった。

後日、夕飯時にテレビを見ていると

ジェイソン・ブラザーズとやらの

怖いネーミングのユニットが出て来た。

私は主人に覚えたてのこの恐ろしいネーミングを

自信満々に

「知ってる?このグループ ジェイソン・ブラザーズ

っていうんだよ~」と教えてあげたのだ。

娘=「えっ?ジェイソン?ジェイソン・ブラザーズって💦

怖すぎやろ」

主人=「いやいや~ 違う違う」

私は何が違うのか さっぱり分からなかった。

娘が言うには ジェイソンではなくジェイソールだそうだ。

正確には 三代目ジェイソール・ブラザーズと言うらしい。

私は職場で言わなくて良かったと安堵した。

何事も確認は大事だと改めて思った。

 

 

 

挑戦

以前から興味があったギター。

お隣に住んでいたお兄さん

休日にはギターを弾いていた。

お兄さんの弾くギターを聴くのが楽しみだった。

しかし、密かな楽しみが奪われてしまった・・・

引っ越してしまった

残念でならない。

聴くことができなくなった今、いい事を思いついた。

私が弾けばいいじゃないかと。

しかし楽譜まったく読めない。

ギターを触ったこともない。

インターネットで「初心者 ギター講座 」とやらを

覘いてみた。

楽譜が読めなくても良い

まずは楽しむ事 と書いてある。

だが、ギター買ったはいいがオブジェ化しないかと・・・

オブジェ化したダイエットマシン2号にならぬ為に

娘を勧誘した。

聞けば娘も以前からギターに興味があったらしく

私がギター購入の考えを伝えた途端

いつだ いつ買うのか 早く買え と言わんばかりに

圧力をかけてくる。

買う決心はついている。

色も決めた。

しかし、勧誘しておいて今更この様な事を言うのも何だが

娘よ

君は受験生だ 

忘れるな。

 

 

そして 一緒に弾ける様になろう。

難しい・・・

いつも悩んでしまう。

どうして文字にすると冷たく感じるのかと。

やたらとメールなどのメッセージを送るのが遅い。

考え過ぎて・・・

この伝え方で良いのか。いや、この伝え方では誤解が生じる。などなど

やわらかい文章にするために絵文字に頼る。

気が付けば絵文字だらけ。

自分の文章力の無さが原因なのだが・・・

絵文字達よ (人''▽`)ありがとう☆